来店をしないキャッシングが主流になっている現在

ビジネスとして成り立っている来店不要キャッシング 銀行や消費者金融などから融資を受ける場合、かつては窓口に出向いて手続きを行うのが一般的でした。しかし、時間がかかることや借金をしていることを第三者に知られやすいことなどの欠点もありました。

近年ではインターネットでキャッシングの手続きを受け付けている所が増えています。インターネットの申し込みは24時間対応なので、自宅のパソコンや携帯電話で手軽に利用できるのが大きな利点です。

また、申し込みから実際の融資に至るまで窓口に出向く必要が無いので、第三者に知られることが無いのもメリットの一つです。

一方で、インターネット上で個人情報のやり取りをすることになるのでセキュリティの面で十分に注意する必要があります。手持ちのパソコンがウイルスに感染していると、自分でも気付かないうちに情報が流出することがあるので事前に確認しておきます。

また、簡単に利用できることから自分の収入の範囲を超えて融資の手続きを行ってしまうことがあります。返済で生活が圧迫されてしまうので、自分の収入に見合った金額に留める自制心を持つことが大切です。

インターネットからの申し込みでも審査内容は変わらないので、必要事項の入力は慎重に行うように心がけます。

ネット申し込みなら審査も素早い魅力もある

正直なところはネット申し込みに限ったことではありませんが、最近の消費者金融業者は審査が素早くなっています。大手業者なら手続きも簡略化されているため、ネット申し込みの場合は申し込み無いように従って素早く審査が行われるのです。

多くの業者は申し込み内容で簡単なスコアを出す「スコアリング」による簡易審査を行い、通過することで人の手や目による本審査となります。全ての手続きを含めてもアコムネット審査であれば最短30分回答となっていますので、申し込みから借り入れまでのスピードを重視するなら知っておくべきであるとも言えるでしょう。


ネット以外の申し込みやキャッシングの基礎知識

キャッシングの基礎知識についてご説明します。まずどこで申し込むことができるかですが、これは銀行や信用金庫や消費者金融などの金融機関となります。

申し込み方法は色々とあり、それぞれの金融機関の窓口ではもちろん、郵送やインターネットなどでも申し込みができます。

手続きとしては、申し込み用紙や専用フォームに必要事項を記入あるいは入力し、必要に応じて書類を提出します。必要事項は、住所氏名や生年月日、勤務先や収入の額などです。必要書類は、本人確認ができる保険証や運転免許証、収入の額を確認できる数ヶ月分の給料明細書などです。

窓口での申し込みの場合は窓口で提出し、郵送の場合はコピーを送付、インターネットの場合はデジカメなどで撮影してそのデータを送信します。その後は、提出された物をもとに金融機関が審査をおこないます。

審査に通ることができれば、その時点でキャッシングをすることができるようになります。ただし利用できる金額には上限があります。収入の額から考えて、問題なく返済できる金額しか借りることができません。

たとえば消費者金融では、年収の3分の1の金額が上限となっています。さらに、借りた以上は返済の際に利息の支払いも必要になります。利率は各金融機関で異なっていますので、事前に確認が必要です。

返済は、翌月一括払いが一般的ですが、リボルビング払いが可能な金融機関もあります。

貸金業者に定められる総量規制に注意する

総量規制では上に書いたような年収の3分の1までの借り入れに限られ、本人に収入を持たない専業主婦の方が借りる場合には、配偶者の安定収入と同意が必要となります。とは言え、大手の消費者金融では本人に収入を持たない方の申し込み自体を不可としている場合もありますので、申し込み条件を確認してみましょう。

また、女性の方がキャッシングを利用する場合の業者選びにはキャッシングランキングを参考にするなどすると良く、人気のある業者であれば安心して借りることが出来ますので初めてお金を借りる際にもスムーズであると言えます。

メニュー

サブメニュー

Copyright© 2014- 窓口や契約機まで行かずとも借りることが出来るネットキャッシング All Rights Reserved.